BizSTATION
 電子証明書用ICカードドライバ(ソフト)のダウンロード

2023年1月10日より、ICカード用のドライバ(ソフト)をバージョンアップしています。
Microsoft Edgeで電子証明書の取得・更新を行う場合、最新版(Ver4.01)をご利用ください。
本サイトは電子証明書用ICカードをご利用になるにあたってお客さまにICカード用のドライバ(ソフト)をご提供するためのものです。
ICカードをご利用になられていないお客さまの場合、本ドライバ(ソフト)はご利用できませんので、ダウンロードはお控えください。
Firefoxではご利用いただけませんので、ご注意ください。

はじめにお読みください。
ICカード用ドライバ(ソフト)
こんなときは
   
電子証明書取得(更新)時に[取得]([更新])ボタンを押しても反応がない
電子証明書の取得(更新)時にエラーが表示される
電子証明書の取得(更新)時に2回目のPIN入力ダイアログが表示される

  はじめにお読みください。

ご使用になるパソコンでリーダライタが使用できるようご準備ください。
お送りした「ICカード」・「BizSTATION 電子証明書用ICカード クイックスタート(導入ガイド)」・「台紙」をお手元にご準備ください。
このICカード用ドライバは、64bit版OSにも対応しております。

「BizSTATION 電子証明書用ICカード クイックスタート(導入ガイド)」がない場合はこちらから印刷してください。

▲ページトップへ  

  ICカード用ドライバ(ソフト)

以下の<インストール手順書>にしたがって、ダウンロード/インストールを行ってください。
 
インストール手順書
Windowsのアドミニストレーター権限が必要です。(ご自身にアドミニストレーター権限があるかお判りにならない場合は、社内システムのご担当者にお問い合わせください)
 
ICカード用ドライバ Ver4.01(2023年1月10日更新)
電子証明書用ICカードをご利用いただくには、ICカード用ドライバに加え、ブラウザに「TrustSigner認証拡張セット証明書発行用拡張機能」の追加が必要です。
くわしくは上記<インストール手順書>をご確認ください。
ICカードを使って電子証明書の取得/更新を行う場合は、以下手順書をご参照ください。
 
(電子証明書用ICカード)電子証明書取得/更新手順書
ICカード用ドライバ(ソフト)の詳細機能・操作方法に関しては以下のマニュアルをご覧ください。
 
ICカード用ドライバ(ソフト)マニュアル

▲ページトップへ  

  こんなときは

(電子証明書取得(更新)時に[取得]([更新])ボタンを押しても反応がない)

電子証明書取得画面で「証明書取得用パスワード」を入力して[取得]ボタンを押しても反応がない場合(または電子証明書更新画面で[更新]ボタンを押しても反応がない場合)は、ICカード用ドライバ(ソフト)が最新のバージョンになっているかの確認および、ブラウザに「TrustSigner認証拡張セット証明書発行用拡張機能」が追加され、有効になっているか確認してください。
 
ツールのバージョン確認方法につきましてはICカード用ドライバ(ソフト)マニュアルの「第5章5 TrustSigner認証拡張セットVersion(P36)」をご参照ください。
「TrustSigner認証拡張セット証明書発行用拡張機能」の確認手順および、追加手順につきましてはインストール手順書をご参照ください。
▲ページトップへ  

(電子証明書の取得(更新)時にエラーが表示される)

ICカードでの電子証明書取得(更新)時にエラーが表示された場合、ICカード用ドライバ(ソフト)の設定を行ってください。
  エラー画面(取得時)
設定方法は以下をご参照ください。
 
1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[TrustSigner認証拡張セット]-[ICカードリーダライタ選択ツール]の順に選択し、リーダライタ選択ツールを起動させる。
 
 
2. “インストールされているリーダライタ一覧”よりお使いになるリーダライタを選択してください。
(お使いになるリーダライタが表示されない場合は、リーダライタドライバのインストール後に選択を行ってください)
 
ツールの操作方法につきましてはICカード用ドライバ(ソフト)マニュアルの「第5章3 ICカードリーダライタ選択ツール(P23−26)」をご参照ください。
▲ページトップへ  

(電子証明書の取得(更新)時に2回目のPIN入力ダイアログが表示される)

ICカードでの電子証明書取得(更新)時に2回目のPIN入力ダイアログが表示された場合、1回目と同じPINを入力してください。2回目のPIN入力を誤るとエラー画面が表示され、電子証明書の再発行が必要になります(書面でのお手続きが必要となる場合があります)。

また、PIN入力を一定回数以上誤るとロックが掛かり、ICカードのフォーマットが必要になります(ICカードに格納されている証明書の情報が全て削除されます)。このようにPIN入力を行う際は誤入力に十分ご注意ください。
2回目のPIN入力ダイアログ表示画面(取得時)
2回目のPINを誤って入力した場合は以下のエラーが表示されます。
▲ページトップへ